村上龍 しゃべり方 滑舌悪い 脳梗塞 入れ歯 老けた 太った 顔変わった いつから

※本サイトはプロモーションが含まれています

エンタメ

村上龍が滑舌が悪い理由は脳梗塞ではなく入れ歯?顔変わって老けた、病気説についても!

作家、コメンテーターとして活躍している村上龍さん。

そのしゃべり方が最近変わった、滑舌が悪い、などと話題となっています。

村上龍さんがしゃべり方が変わった、滑舌が悪くなったのはいつからなのか?

脳梗塞などの病気説や入れ歯説など詳しく調査しました。

村上龍のしゃべり方が変わった?滑舌が悪くなったのはいつから?

1952年2月19日生まれで2024年で72歳の村上龍さん。

2006年からカンブリア宮殿に出演し続けていますが、そのしゃべり方が変わった、滑舌が悪い、などと話題となっています。

調べてみると、2016年頃から村上龍さんのしゃべり方を気にする声が出始め、2021年頃にはかなり多くの心配する声があがっていました

2016年といえば村上龍さんが64歳の頃。

確かに還暦を過ぎているとはいえ、老人というには早すぎる年齢ですね。

村上龍の滑舌が悪い、しゃべり方が変わった理由は病気?脳梗塞?

村上龍さんのしゃべり方が変わった、滑舌が悪くなった理由について、病気、脳梗塞を心配する声があがっています。

脳梗塞によって脳の特定の部位に破損が生じると、言語機能に障害が出る場合が多いからです。

村上龍 脳梗塞 しゃべり方 滑舌悪い 老けた 病気 変わった

しかし村上龍さんは脳梗塞などの病気についてこれまで言及したことはありません。

もし脳梗塞を発症していたとすると、入院や手術の必要な場合が多いため、仕事を休養する必要があるでしょう。

村上龍さんはこれまで病気などを理由に仕事の休業を発表したことはないため、脳梗塞や病気が原因の可能性は低いのではないでしょうか。

村上龍のしゃべり方が変わった、滑舌が悪い理由は入れ歯?

もう一つ村上龍さんのしゃべり方が変わった、滑舌が悪くなった理由として考えられているのが入れ歯です。

口に合っていない入れ歯をすると、歯の間に隙間ができて話しにくくなったり、空気が抜けて話す際にフガフガとなってしまう場合があるようです。

村上龍さんが入れ歯をしているのか?は不明ですが、歯科医院のサイトによると、70代以上の約14%が総入れ歯になっているとのこと。

村上龍さんは2024年で72歳ですから、総入れ歯になっているとしてもおかしくはありません。

村上龍さんのしゃべり方が変わった、滑舌が悪い原因が入れ歯であると特定はできませんが、かなり可能性は高そう。

番組制作サイドも村上龍さんの話し方の変化に気づいていながらも、大物なのでなかなか伝えることができずにいるのかもしれません。

村上龍が顔変わった?老けた?

さらに村上龍さんについて、顔変わった、老けた、という声も。

村上龍さんといえば、キリッとした眉毛と鋭い眼光が特徴である印象ですが、

村上龍 顔変わった 老けた 太った

2021年放送の「カンブリア宮殿」に出演した際には顔まわりがふっくらして驚いた視聴者が多かったようです。

村上龍 太った 顔変わった 老けた

村上龍さんも70代に突入していますし、お顔立ちが変化することは全く不思議ではありません。

それでも若い頃の印象を知っている方からすると、変化に驚いてしまったのでしょう。

村上龍さんが今後もお元気で活躍されることを期待したいと思います。

-エンタメ

×
error: Content is protected !!